ページの先頭です小平市の皆さまと共に「誰もが住みやすいまちづくり」を目指していきます

小平市社会福祉協議会 Kodaira city council of social welfare

共通メニュー等をスキップして本文へ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

  • 社協MAP・アクセス
  • 採用情報
  • リンク


こだいらボランティアセンター

  • お知らせ
  • はじめに
  • ボランティアって?
  • はじめの一歩
  • ボランティアセンターとは
  • 利用について
  • こんな活動があります
  • 手作り作品紹介
  • ボランティア保険
  • 広報紙
  • リンク集
  • ボランティア募集情報
  • イベント・講座情報
  • 助成金ほか情報
  • 情報をお寄せください
  • アクセスマップ
メニューの終端です。

1月この指とまれ!「地域に知ってもらう」ってどういうこと?

こだいらボランティアセンター > こだいらボランティアセンター > 1月この指とまれ!「地域に知ってもらう」ってどういうこと?

2018年02月22日





1月26日(金)、『ほのぼのマイタウン』編集長を務められた
松永和子さんを講師にお迎えし、講座が開催されました。



小学生が描く元気な絵が表紙を飾るこのタウン誌は、
小平市・西東京市・東久留米市・東村山市・清瀬市、
5市の地域に密着した情報を掲載し、多くの読者に愛されました。


2016年、30周年感謝号(180号)を区切りに惜しまれつつ休刊。


30年間発行し続けて、思うこと・感じたことを中心にお話していただきました。



・継続することはとても大変だけれど、大切・・・そこから信用が生まれ、その信用に助けられる。

・色々な人や会とのつながりは大切で、まず自分たちの活動を知ってもらうこと!

・多くの人を知るということは、共感を得ることにつながる。




後半では参加者の方々の情報交換&質問タイムでした。
この日の参加者はボランティアグループの方や、サロンや居場所運営の方が中心でした。

〜会員募集について〜
 
少しのきっかけで人の心を動かすことがあるので、ここはダメだろうと思わず、
地道に気長に行う!知ってもらう、受け入れてもらうには時間と労力がかかるものです。
小さな機会もとらえ、なるべく多くに発信しましょう!


〜広告のうち方について〜

文字の強弱、ことば選び、見せ方、伝え方で印象が変わる。
会のキャッチコピー(見出し)は効果的なので、ぜひ考えてみて!


〜地域で様々な活動をする皆さまへ向けて〜
 
活動の継続には、『愛』と『勇気』と『知恵』が必要です。
皆さんの活動は地域に温かい灯をともします。
ぜひとも活動を継続してくださいね。

 
◆参加者の感想◆

・私たちの活動に対し、有意義なアドバイスをいただきました。
会に持ち帰り、検討し前向きに活動を広げたいと思います。

・交流の時間が短かったのが残念。団体交流を身近なところでできると良いと思う。


〜参加者の皆さんの活動が地域に根ざし、これからも継続していきますように〜

↓松永さんの『ほのぼのマイタウン』気まま通信も是非ご覧ください。
http://honobono-mytown.com/

↓参加グループのひとつ、タオル帽子の会さんの事を掲載していただきました。
http://blog.goo.ne.jp/honobono-mytown ... 43e009a731e2a99126c8a5258

お問合わせ

こだいらボランティアセンターお問い合わせフォーム

  • 住所:〒187-0043 小平市学園東町1-19-13 小平市福祉会館4階 [アクセスマップ
  • 電話:042-346-1424
  • FAX:042-341-6220

  • プライバシーポリシー
  • 問合せ
  • 苦情解決制度
  • サイトマップ

Copyright (c) 2013 社会福祉法人 小平市社会福祉協議会 All rightreserved.

ページの終端です。