ページの先頭です小平市の皆さまと共に「誰もが住みやすいまちづくり」を目指していきます

小平市社会福祉協議会 Kodaira city council of social welfare

共通メニュー等をスキップして本文へ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

  • 社協MAP・アクセス
  • 採用情報
  • リンク


あおぞら福祉センター

  • お知らせ
  • 事業紹介
  • 生活介護事業 あおぞら
  • 自立訓練(機能訓練)事業 機能訓練室 『歩』
  • 言語相談訓練事業
  • 日中一時支援・緊急一時保護事業
  • 地域相談支援センターあおぞら
  • 部屋の貸し出し
  • 地域との連携
  • 小平市巡回発達相談事業
  • ボランティア募集
  • 福祉サービス第三者評価結果報告
メニューの終端です。

自立訓練(機能訓練)事業 機能訓練室 『歩』

あおぞら福祉センター > 事業紹介 > 自立訓練(機能訓練)事業 機能訓練室 『歩』

機能訓練事業とは?

病気や事故後、医療機関から在宅生活に戻られた方を対象に開かれている集いの場です。
障害者自立支援法に基づく「自立訓練(機能訓練)事業」です。
週3日の月水金グループと、週2日の火木グループがあり、それぞれ定員は10名です。通所期間は1年半です。


 

どんな人が利用しているの?

現在は、事故や脳血管障害の後遺症、難病などで身体に不自由を感じていらっしゃる30〜60代の方が、週に2〜3日通っています。15歳以上で障害者手帳を持っている方、またはそれに準ずる方が対象です。

 

スタッフは?

スタッフは相談担当、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、「歩」職員で1日に3〜4名が担当しています。それぞれが専門性を生かし、協力し合いながら活動の援助や個別支援を行っています。
給食については、管理栄養士がメニューの個別対応を行っています。


 

どんなことをやっているの?

それぞれに必要な個別リハビリの他に、ひとりひとりの希望に応じた個別活動、年間でテーマを決めて全員で作品作りを行う共同作業、リハビリを兼ねたレクリエーションゲームや季節の行事、グループ外出などがあります。様々な活動を通じての生活リハビリや仲間づくりを大事に考えて日々活動しています。活動時間は10時〜14時です。

 

利用するのにいくらかかるの?

通所に関しては障害者自立支援法に基づいて、利用料のうち1割の自己負担があります。
昼食は給食があります。自己負担は1食500円以内です。
送迎が必要な方には、あおぞら福祉センターから自宅付近まで送迎バスを運行しています。送迎は無料です。

 

見学はできますか?

いつでも見学できます。事前にご連絡の上、お越し下さい。

 

お問合せ 小平市立あおぞら福祉センター 042-326-4980



  • プライバシーポリシー
  • 問合せ
  • 苦情解決制度
  • サイトマップ

Copyright (c) 2013 社会福祉法人 小平市社会福祉協議会 All rightreserved.

ページの終端です。