ページの先頭です小平市の皆さまと共に「誰もが住みやすいまちづくり」を目指していきます

小平市社会福祉協議会 Kodaira city council of social welfare

共通メニュー等をスキップして本文へ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

  • 社協MAP・アクセス
  • 採用情報
  • リンク


権利擁護センターこだいら 小平市成年後見制度推進機関

  • 事業紹介
  • 地域福祉権利擁護事業
  • 成年後見制度
  • 成年後見活用あんしん生活創造事業
メニューの終端です。

成年後見制度とは・・・

権利擁護センターこだいら > 成年後見制度とは・・・

このようなことはありませんか?

  • 預貯金の管理や、財産の管理など自分では難しくて困っている・・・
  • 訪問販売の対応に困っている・・・
  • 必要な契約について、判断できずに困っている・・・

 

そのようなことでお困りの方に、この成年後見制度があります。
成年後見制度とは、高齢者や知的障がい者、精神障がい者などで、契約などの意思決定が困難な方の権利や財産を保護するための仕組みです。
現在、自分の判断だけで重要な契約など決めることが不安な方のために、成年後見人はいます。成年後見人はあなたの権利や財産を守り、あなたの気持ちを大切にして仕事をします。

 

法定後見制度と任意後見制度って?

法定後見制度

「法定後見制度」とは、判断能力の程度により、「補助」(判断能力が不十分)・「保佐」(判断能力が著しく不十分)・「後見」(判断能力を欠くのが普通の状態)の3類型があります。住所地を管轄する家庭裁判所に申立てを行い、(本人、配偶者、四親等内の親族のほか、身寄りがない場合や家族による虐待がある場合などの区市町村長等が申立てを行います。)
家庭裁判所は、後見等を開始する審判と同時に後見人等の選任を行います。後見人等は、家庭裁判所の監督を受け、随時報告するなどの義務があります。

 

 

任意後見制度

「任意後見制度」とは、元気なうちにあらかじめ後見人や将来のことを決めておく制度です。公証役場で、公正証書によって任意後見契約を結びます。判断能力が低下してきた際に、任意後見受任者が家庭裁判所に任意後見監督人選任の申立てを行い、選任されてから任意後見人としての業務が開始になります。

 

 

費用はどれくらいかかるの?

成年後見制度を利用するには、法定後見制度と任意後見制度と、どちらかの制度を受けるかによって手続きは異なりますが、それぞれ利用に係る手数料等が必要になります。その手続きを弁護士や司法書士に依頼する場合は、その報酬を支払う必要があります。申立ての際には一定の経費(おおむね2万円から12万円程度)が必要です。後見人等選任後、本人の財産の程度に応じ、家庭裁判所の判断で後見人等に対する報酬が生じる場合があります。

 

相談例

  • 成年後見制度の申立てをしたいが、方法や費用がわからない。成年後見制度を利用するための申立てや、各種手続きに関する相談をお受けします。
  • 頼れる親族がいない、成年後見人の候補者がみあたらない。自分で成年後見人を探すことが難しい方などで適切な成年後見人がいない場合、成年後見人候補者に関する情報提供を行います。

 

お問合せ 福祉相談支援係 権利擁護センターこだいら 042-342-8780(月〜金 午前9時〜午後5時)



  • プライバシーポリシー
  • 問合せ
  • 苦情解決制度
  • サイトマップ

Copyright (c) 2013 社会福祉法人 小平市社会福祉協議会 All rightreserved.

ページの終端です。