ページの先頭です小平市の皆さまと共に「誰もが住みやすいまちづくり」を目指していきます

小平市社会福祉協議会 Kodaira city council of social welfare

共通メニュー等をスキップして本文へ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

  • 社協MAP・アクセス
  • 採用情報
  • リンク


こだいらボランティアセンター

  • お知らせ
  • はじめに
  • ボランティアって?
  • はじめの一歩
  • ボランティアセンターとは
  • 利用について
  • こんな活動があります
  • 手作り作品紹介
  • ボランティア保険
  • 広報紙
  • リンク集
  • ボランティア募集情報
  • イベント・講座情報
  • 助成金ほか情報
  • 登録団体・活動先紹介
  • 情報をお寄せください
  • アクセスマップ
メニューの終端です。

この指とまれ!「はじめての絵てがみ講座」のご報告 平成31年3月4日(月)・5日(火)

こだいらボランティアセンター > お知らせ > この指とまれ!「はじめての絵てがみ講座」のご報告 平成31年3月4日(月)・5日(火)

2019年03月11日掲載




 

 市内や近隣施設などで活動している安達三郎さんを講師に迎え、2日連続で
「はじめての絵てがみ講座」を開催しました。


 まずは、直線・三角・丸を描き、筆に慣れてもらいます。

 1日目は、共通題材の「葉つき橙」に挑戦!
色ののせ方、重ね方、構図のとり方などの説明を受け、何枚も練習をしました。


 「ほら!こうやって離れて見ると、良さが分かるでしょ」「とても上手ですよ〜」
本番用の画仙紙に描き、先生からお褒めの言葉をいただきました。


 2日目は、皆さんが描きたいものを持参し、ふきのとう・菜の花・たんぽぽなどで
会場は春色に包まれました。
 奥行きを出すための色付けの方法、効果的な色を入れる箇所など、具体的な
アドバイスをもらい、いくつかの作品を仕上げました。
前日の感覚が残っていて、皆さん筆がスムーズに動き、楽しそうに作品を仕上げていました。



【参加者の感想】
 ・自分がもらった時とても嬉しかったので、ぜひ自分も挑戦してみたいと思った。
 ・作品を家族に褒められ嬉しかった。集中してとても良い時間が過ごせた。
 ・同じ題材でも、色の使い方や構図でそれぞれ違う作品に仕上がるのがおもしろい。

【講師の感想】
 ・真剣に、かつ楽しく描く皆さんの姿にとても感動しました。こんな心のこもった、素敵な絵手紙をもらう人は、本当に嬉しいと思う。皆さんぜひ絵手紙を描き続けてみてください。

【西部ボランティアコーナーより】
 ・皆さんの今後も楽しく続けていきたいとの思いから、月に1回活動していくことになりました。
絵手紙をとおして描く楽しさを共有し、活動を続けていくなかで、将来的に地域とつながるグループになるよう応援していければと思います。
 活動にご興味がある方は、お気軽にお問合せください。


お問合せ:社会福祉法人 小平市社会福祉協議会
       西部ボランティアコーナー ☎ 042−347−7858   FAX 042−347−7581

お問合わせ

こだいらボランティアセンター


  • プライバシーポリシー
  • 問合せ
  • 苦情解決制度
  • サイトマップ

Copyright (c) 2013 社会福祉法人 小平市社会福祉協議会 All rightreserved.

ページの終端です。