ページの先頭です小平市の皆さまと共に「誰もが住みやすいまちづくり」を目指していきます

小平市社会福祉協議会 Kodaira city council of social welfare

共通メニュー等をスキップして本文へ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

  • 社協MAP・アクセス
  • 採用情報
  • リンク


トップページ

  • お知らせ
  • 社協について
  • 社協事業一覧
  • 申請書類(後援名義等使用)

  • 社協だより
  • 社協会員のお願い
  • ご寄付のお願い
  • 福祉サービス第三者評価結果報告
  • 高齢者交流室
  • 子ども広場
  • 協賛店 一覧
メニューの終端です。

社協の諸計画

トップページ > 社協について > 社協の諸計画

地域福祉活動計画とは

小平市社会福祉協議会では、「地域で支えあう福祉のまち・こだいら」を目指し、「第三次小平市地域福祉活動計画」を策定しました。

 

この計画は、社協自身の活動計画にとどまらず、社協を中心としながらも、地域住民の皆さん、福祉団体、民間福祉事業者等のこれからの地域福祉活動の方向性を示したものです。地域の皆さんや福祉団体等がこの計画の趣旨を念頭にそれぞれの活動を展開し、有機的に結ばれることにより、小平市における地域福祉が一層充実するものと考えています。

 

この計画では、地域の課題を整理し、それらの課題の解決に向けて取り組み目標を掲げ、地域の皆さんみにさまざまな活動を提案しています。皆さんのお住まいの地域で「地域福祉」を進めていくとき、住みやすい地域づくりのヒントとして、ぜひ地域福祉活動計画をご活用ください。

 

小平市社協発展強化計画とは

1 計画策定の趣旨

小平市社協は、地域福祉の中核的な推進機関として、地域の福祉課題や制度の谷間にある個別の福祉課題を地域社会との協働により解決を進め、市民の誰もが安心して暮らせる福祉のまち「こだいら」の実現を目指しています。
小平市社協発展強化計画は、法人としての使命や理念、目標を明確にし、その実現に向けた事業、組織、財政等に関する具体的な取り組みを明示することにより時代の変化に対応し、小平市における地域福祉の推進機関としての役割を果たすものです。

 

2 計画の期間

計画の期間は、平成20年度から平成24年度までの5年間とします。ただし、中間年度(平成22年度)において計画の進捗状況の評価、検証を行い、必要に応じ、見直しを行います。

 

3 計画の体系

事業、組織、財政等における【現状と課題】を明らかにし、5年後に到達すべき目標を【今後の目標】として捉え、具体的な推進方法を年次により示しています。

 

4 計画の進行管理

法人内部による小平市社協発展強化計画推進委員会を設置し、計画の進行管理を行うとともに、部署をまたがる課題に適切に対応していくために、プロジェクトチーム等による組織横断的な体制を臨機応変に構築していきます。平成22年度には、計画の進捗状況の評価、検証を行い、見直しを行いました。

 

使命

本会は、地域福祉を推進する中核的な団体として、市民の誰もが安心して暮らせる福祉のまち「こだいら」の実現を目指すことを使命とします。

 

経営理念

(1)市民参加・協働による福祉のまち「こだいら」の推進 
(2)利用者本位の福祉サービスの実現
(3)地域に根ざした総合的な支援体制の実現
(4)福祉ニーズに基づく新たな事業への取り組み

 

組織運営方針

(1)全ての職員は、地域福祉推進機関としての専門性を発揮するため、日常の業務と地域福祉活動を結びつけ地域福祉を総合的に推進するコミュニティソーシャルワークを実践します。
(2)地域に開かれた組織として、運営の透明性と中立性、公正さの確保を図るとともに、情報公開や説明責任を果たします。
(3)事業の展開にあたって、市民参加を徹底します。
(4)事業の効果測定やコスト把握などの事業評価を適切に行い、効果的で効率的な自律(自立)した経営を行います。
(5)全ての役職員は、高潔な倫理を保持し、法令を遵守します。

 

 



  • プライバシーポリシー
  • 問合せ
  • 苦情解決制度
  • サイトマップ

Copyright (c) 2013 社会福祉法人 小平市社会福祉協議会 All rightreserved.

ページの終端です。